五感を使う

左の写真をご覧ください。

どんなことを思いましたか?

「あ~、ビールが飲みたい!」

「枝豆にかかっている塩が豆の美味しさを引き立ててくれる」

これは写真ですから、「視覚」を働かせてイメージしていますね。

実際には食べ物ですから、「味覚」を使います。

そして、香り。茹で上がった枝豆の甘さとコクを想像させるふくよかな香り。これは「嗅覚」

この辺になると無自覚なことが多いのですが、

枝豆を食べるとき指先でつるっと豆を取り出す「触覚」

もちろん、口の中に入れ噛んだときに感じる豆の香り、甘い味・・・これも触感(食感)

さらにかみ締める音「聴覚」

いずれも普段は無自覚ですが、どれかが抜けてしまっては枝豆として成り立たないはずです。

それぞれ強弱はあります、そして多くの場合無自覚なことが多いですね。

無自覚な食事はもしかしたら、「食」の楽しみを半分なくしているかも知れません。

​勿論、毎食毎食自覚することは必要ではありませんが、自覚的に意識するということが「食」だけでなく、「生活」や「ビジネス」に働く効果、そして何より自分自身の価値を自信を持って築くことができる筈です。そして新たな創造力につながっていきます。

​わたしたちは五感トレーニングを通してマーケティング力の向上を支援します。

Follow C's Creation :

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey
  • YouTube Clean Grey

© 2020 Copy write by C's Creation

〒253-0056 神奈川県茅ヶ崎市共恵2丁目6番33号  Tel&Fax :0467-95-1990