• ICHIRO

神奈川県の第三者評価って


 2019年までの神奈川県における福祉サービス第三者評価の受審件数です。

 累積で2,948件、東京都に大きくをもって(?)全国2位の評価件数なのです。東京都では補助金やら助成金のために第三者評価が必須になっていることもあり、33,3093件(2018年までの累積)桁違いなんです。

 さて、神奈川県内を見ると、横浜市と、川崎市が全体の80%以上を占めています。これは2018年までは神奈川の第三者評価は県とは別に、横浜市、川崎市それぞれの方式を取って推進していたからです。

 大まかにみると、横浜・川崎以外は500件前後を15年で・・・、年間33件・・・、評価実績のある市町で割ったら2件前後ということになります。しかもこの各市町の件数の多くは、法人が全施設を評価するため、たまたま第三者評価を行ったという消極的なものです。

 先日ある市役所の保育課に福祉サービス第三者評価の案内をしたところ、福祉サービス第三者評価について認識がなく、第三者委員会との違いを説明することになってしまった。

 このように福祉サービス第三者評価は認識が低く、推して知るべしであるが、一般の人は知らなくて当然なんでしょう。そもそも私自身も数年前まで知りませんでしたから・・・

 ただ、福祉サービス従事者には「福祉サービスの質の向上」のためのツールとして活用して欲しい。利用希望者への公表というのはあくまでも副次的なものとしか思えませんし・・・。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

またしても福祉サービス第三者評価の話です 何度も「a」「b」「c」(=「優」「良」「可」)という序列評価なのかと疑問を呈していますが、前回の内容では序列として認識されていることが実証できていると考えます。 これは受審側だけでなく、評価サイドにも序列として認識されているからです。認識が一般化されているものを変えるのは極めて難しいことです。 改善のためには ①「a」「b」「c」という序列記号を止める

ご存じですか? 社会福祉施設・事業所における新型インフルエンザ等発生時の業務継続ガイドライン 平成27年に策定されたものです 是非一読を https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000108618.pdf